EVENT

【いよいよ始まります!】幸雲南塾2019開講記念講座

幸雲南塾2019 開講記念講座
「まちの可能性を花咲かせる」

このまちの未来から逆算して考えてみると…必要な事業、制度、仕組みとは、一体何なのでしょうか?
正解は私たちにもわかりません。
10年後20年後、2050年の雲南市…と言われてもすぐにピンと来ないでしょう。
ならば自分や友人の子どもたちが大きくなる頃、そしてさらに孫が生まれ育つ頃、彼らにどんなまちや暮らしを渡したいでしょうか。

子や孫の雲南での暮らしが、少しでも充実したものであってほしい、心休まるものであってほしい。
そう思われるのではないでしょうか
そして、そのためには、何が必要でしょうか?

そこで幸雲南塾2019では、このまちの未来を自分ごととして考える皆さんと一緒にその問いに挑み、答えを形にしていくことにチャレンジしたいと思います。

今回そのきっかけとして、開講記念講座を実施します。
講演とワークショップを通じて、まちの未来を描き、実現する仲間を見つけてもらえれば嬉しいです。

◉内容紹介
・一部(13:40~)
講演:深尾昌峰氏
地域が地域として持続していくための様々な取り組みをご紹介いただきます。参加者の皆さんからもこの地域で実現したいことを回答してもらい、深尾氏からそれに関係する話題を紹介していただくという双方向の場になります。

・二部(15:00~)
ワークショップ講師:石原達也氏
実現したい未来を書き出す&描き出すワークショップ
壁も使ってダイナミックに行うふせんワークや、イラストも交えたワークで、雲南の可能性を描き出し、その実現について意見を交わします。

◉講師紹介
・龍谷大学政策学部教授 深尾昌峰 氏
1974年生まれ。大学在学中より、ボランティア活動や市民活動に参加。きょうとNPOセンターや京都コミュニティ放送、京都地域創造基金などを次々に設立し、運営を担う。2016年4月にプラスソーシャルインベストメント株式会社を共同起業し代表取締役会長に就任。現在、一般社団法人 全国コミュニティ財団協会 会長、経済財政諮問会議政策コメンテーター、東近江市参与などを務める。

・NPO法人 岡山NPOセンター 代表理事 石原達也氏
2001年大学生のみのNPO法人設立に参画したことからNPO業界に。活動を続ける中で支援者を志すようになり2003年鳥取市社会福祉協議会に入職。コーディネーターを務めた後に転職し、出身地・岡山でNPO法人岡山NPOセンター事務局長に就任(現在、代表理事)。その他、(公財)みんなでつくる財団おかやま(理事)、NPO法人みんなの集落研究所(代表執行役)、(一社)全国コミュニティ財団協会(常務理事)、PS瀬戸内株式会社(代表取締役)等の設立に関わる。

======
■開催日時:2019年6月30日(日)
13:00-17:00(予定)
■会場:下熊谷交流センター
(島根県雲南市木次町下熊谷1096−1)
■参加費:1,000円

■参加申し込み:イベントページ(下記URL)の「参加ボタン」でお知らせください。
https://www.facebook.com/events/439753710169990/

■託児について:要予約(締め切り6/20(木)17時)
お子さんお一人につき500円
おっちラボfacebookページまでメッセージください。

※入塾の意思にかかわらずどなたでもご参加いただけます。
※幸雲南塾2019プログラムの流れと内容につきましては、前投稿をご覧ください。